しおん保育園では、「食事」は保育の大きな柱です。

安全でおいしいこと、旬の恵を感じられること、
バラエティに富んだ献立を味わえること、十分な量と品数があること。
食の豊かな体験を通して、子どもの心身の健全な発育を促します。
子どもの食べる意欲を大切にし、食事をおいしく食べ、
食事の時間を楽しく過ごせるよう、心を込めて実践しています。

昔から日本人の生活を支えてきた
玄米や雑穀、魚介類、海草、
野菜、豆類が中心
の献立です。
子どもたちに日本人の伝統的な食文化を伝えることは、
大切な役割だと考えています。
国産、地物にこだわり、
減農薬、有機栽培の旬 の食材を使います。
野菜は毎朝契約農家から、
それ以外の食材は信頼できる生産者から、
安全で新鮮なものを仕入れています。
その時期に採れる野菜、その時期に美味しい魚、
旬の恵みを生かした献立で味わいます。
アレルギーのあるお子さんには、
医師の指示書に基づいた除去食をお作りしています。
自然な素材を使って手作りしています。
調味料もオーガニックです。
添加物の入ったもの、加工品、
インスタント食品を使用しません。
麺類、パン、菓子類、味噌、豆腐、納豆なども、
手作り
しています。
食事が、より子どもの身近なものになるよう、
野菜の栽培や収穫、山菜摘み、料理など、
子どもたちが、自分たちの口にする素材に
積極的にかかわれる機会たくさん持てるようにしています。
味覚が発達する時期です。
素材の味を味わえるよう、味付けは薄味にしています。
見た目の彩りや香りも大切にしています。
食べることは、五感を使うことです。

見た目、香り、食感、味、食べる音や
好きなお友達や先生とのおしゃべりの声…。
これらを感じることが、食べることの喜びだと言えます。
食前にはお祈りをし、
落着いた雰囲気の中で
命をいただく食べ物に感謝をしながら食事をします。
こどもの日、七夕、節分、
クリスマス会、毎月のお誕生日会…
行事の日やお祝いの時には、
その特別な気持ちが高まるよう、
特別な献立を、
特別なスタイルで楽しみます。

ホールに集まって会食形式にしたり、
ビュッフェ形式でにぎやかに食事をしたり…。
一つ一つの行事が楽しい思い出として
子どもたちの心に残るよう、心を掛けて準備します。
0歳児から陶器の食器を使います。
箸が使えるようになると木の箸を使います。
器も箸も、年齢にあわせたサイズです。
乱暴に扱えばこわれる食器を使用することで、
陶器の大事に扱うことを覚えます。
5歳児は陶芸の時間に器を作る機会があります。
それを大切に毎日使用します。
食事の時間、保育士の前には包丁と俎板あります。
果物はその場で剥いて切り分けます。
魚も最初から切り身でお皿にのせるのではなく、
1匹の魚から切り分けて配膳します。
子どもたちには、出来るだけ素材本来のカタチや色などを
見せるようにしています。
その場で素材を切り分けます
各クラスに台所があります。
 ご家庭と同じような雰囲気を大切に、
スープを温めたり、ご飯を炊いたりします。
料理が出来上がっていく時の美味しそうな香りで、
子どもたちは幸せな気持ちで包まれます。
食後は、その場で必ず歯磨きをします。
乳児も歯がはえた段階で、
保育士が抱いて行います。
おやつも、手作りです。
天気の良い日は園庭や
近くの公園に出かけて行って外でいただきます。
青空の下、外の空気を吸いながらのおやつは格別。
モリモリ元気が沸いてきます。

しおん保育園では、
子ども達が健康で幸せに生きていけるよう
心を込めて食事を作っています。
この食事は、「はこぶね館」の「ランチルーム」にて、
園児以外の親子でも楽しめます。
月1回のお誕生会開催日に 11:45~13:00 
料金:大人/500円、子ども/250円でお食事をご用意します。
※前日までの要予約です。お気軽にお問合せください。
地域子育て支援センター「はこぶね館」
電話予約:042-474-2977
はこぶね館の詳細はこちら>>